成長痛.com

成長期の子供の膝・踵・足の甲の成長痛の症状の特徴、痛みの原因、治療方法を入門者向きに専門解説。

◆成長痛.com♪(もくじ)

◆子供のかかと・膝の痛みの原因

 成長痛の主な原因は骨の成長期にあたる時期になんらかの原因で骨の骨端部分にダメージが生じるもの。

 骨は、成長期の骨は1年で平均何センチ伸びる?の項目でも解説しているとおり骨の先端にある骨端軟骨と呼ばれる組織が成長することによって伸びているんだ。

 しかし成長期の子供の骨端軟骨の成長力は、想像以上の速さで成長している。

 この想像以上に早い成長過程において骨端軟骨部分に何らかの痛みが生じるのが子供の踵や膝の痛みの原因のひとつになっているんだよ。

 子供の時はどんどん身長が伸びていくものねぇ。

 うん、中でも特に多いのが膝の痛み、そしてかかとの痛みだね。

◆スポーツをしない子供でも痛みは発生する

 子供の成長痛の痛みが発生する原因について考えて見よう。
 成長痛は特に激しいスポーツをしていない子供であっても痛みを発症するケースが多くある。

 この原因は、急激な骨端軟骨の成長による、人体への肉体的ストレスが原因なんだ。

 骨は筋肉の末端組織にあたる「腱」と呼ばれる組織に付着している。
 体育のストレッチ体操でもアキレス腱のストレッチなどがあるけれどアキレス腱も腱のひとつだね。

 この腱組織は骨の特定部分に付着し、筋肉の運動エネルギーを伝え骨格の運動につなげているんだよ。

 この際、骨が急激に成長すると、腱を通じて筋肉を引っ張りはじめるようになる。

 この結果、骨と腱の結合部分に炎症などが生じる事が成長痛の痛みの発生のメカニズムのひとつとして考えられているんだ。

◆スポーツをする子供のケース

 成長痛ってスポーツをする子供の方がなんとなく成長痛になりやすい気がするんだけどなぁ・・・

 前項で紹介したように、成長痛の痛みはスポーツをしていない子供であっても痛みを発症する可能性がある。

 しかし、成長痛の発症の特徴としては活発な運動をする子供の方がその発症率は高くなっているんだ。

 では、なぜスポーツなど運動を活発にする子供の方が発症率が高まってくるのだろうか?
 この原因は局所的なストレスの継続が主な原因になっているんだよ。

 子供の場合はまだ骨格が出来上がっていない為、例えば野球選手であれば投球動作の繰り返しで膝や背中などに痛みを訴えるケースもある。

 バレーボール選手であればスパイクを打つ際の捻り動作で腰や背中、跳び上がる際には膝や足関節に負担がかかる。

 スポーツアスリートが動作を行う際には筋肉の収縮が関与している点をまず覚えておく必要がある。

◆3つの筋出力のメカニズム

 スポーツをしている子供がかかとの痛みや膝の痛みを発症しやすい原因は筋肉の筋出力のメカニズムが関係している。

 筋肉が力を発揮する際には大きく3つの種類の筋出力方法がある。

 その3つの筋出力方法とは
●筋肉を縮めながらパワーを発揮
●筋肉を伸ばしながらパワーを発揮
●筋肉の長さを維持しながらパワーを発揮
 と簡潔にまとめると以上3つのケースで筋肉は運動エネルギーを発揮する。

 そして、通常のスポーツ活動で主力となる運動エネルギーの発生方法は、
●筋肉を縮めながらパワーを発揮
 する方法が最も多く活用される方法となっている。

 この筋出力方法では、筋肉が縮む際に腱を腱を通じて骨を引っ張ることになる。

 この骨を引く作用が、骨と腱の付着面にストレスを与えることになり炎症などの痛みの原因となっているんだよ。

 尚、この引っ張る際に発生するパワーが大きくなるほど、局所的なストレスは大きくなる。
●日常生活レベルの運動
●スポーツ競技の運動
 を比較した場合、どちらのケースが大きなストレスを発生させるか?

 こう考えると、スポーツを活発に行う子供の方が、ストレスが大きくかかる事が容易にわかってくるね。

 筋肉の運動は腱を通じて骨格を動かしている。

 例えば、腕を曲げる動作ひとつにしても、筋肉の働きがあり腱を通じて骨が動くことにより、腕を曲げる動作が完了されているという事。

 この際、腱と骨の付着部位には骨を動かす際に局所的なストレスが生じてしまう。

 運動を活発に行う子供のケースでは、このような局所的なストレスが継続的に何度も何度も繰り返し行われることになる。

 その為、運動を活発に行う子供の方が、痛みを発症する確率が高まってくるということなんだ。