成長痛.com

成長期の子供の膝・踵・足の甲の成長痛の症状の特徴、痛みの原因、治療方法を入門者向きに専門解説。

◆成長痛.com♪(もくじ)

◆骨は何年もかけて成長していく

 成長痛の痛みの原因の大半は骨の成長に伴って骨端部へ牽引力が働いたり、炎症が生じることによって発症するものが大半。

 尚、第1次成長期〜第2次成長期における骨の成長は、毎日のように行われ女性では「約15〜16年間」そして男性では「約16年〜19年間」もの時間をかけて成長していくと言われているんだ。

もし身長を伸ばしたいと思ったらこの期間内に伸ばさないといけないのね♪

◆骨端部から骨は伸びていく

 成長期には個人差があり一概にこの期間と決めることはできないんだよ。実際に20歳を過ぎても身長が伸び続けている人もいるからね。

 但し、骨が縦方向に成長する歳には骨の骨端部分にある骨端線部分から骨が成長していくことは事実。

 その為、この骨端線にあたる部分が柔らかい軟骨構造を維持している期間は身長を伸ばす歳には大きなチャンスと言える期間でもある。

 骨端線部分が硬い骨組織となってしまうまでの期間は骨が伸びていく可能性を大きく秘めていることは間違いないことなんだよ。

◆骨が長く伸びること=軟骨性骨化

骨はどんな風に大きく成長しているのかなぁ?

 うん、ではここで骨が成長するメカニズムについてチェックしていくことにしよう。

 骨の成長は骨の先端部分に位置している骨端成長板(骨端プレート)と呼ばれる薄い軟骨の層での骨細胞の分裂によって成長している。

 このように骨端成長板部分の軟骨組織から骨が縦方向にぐんぐん伸びていくことを「軟骨性骨化」と呼ぶんだ。

※軟骨性骨化(なんこつせいこっか)=骨端成長板部分から骨が縦方向に成長していくこと

◆骨が太く成長すること=膜性骨化

 身長を伸ばしたいともし考えた場合は軟骨性骨化によって腕や足の骨がどんどん伸びてくれると身長も当然伸びていくことになるのはわかるよね。

 しかし、骨は縦方向だけに伸びていっても強い骨には成長しない。当然長くなった分、骨の太さも増していくことが必要なんだ。

細く長い枝は簡単に折れてしまうものね。それではどんなに大きくなんても困ってしまうわ。

 そうだね、ただ骨端成長板は骨端部分にあり骨の側面部分などには存在しない。

 その為、骨が太く成長していく歳には、骨の膜を厚くしていくように成長していくんだよ。木の幹の年輪のように膜を厚くしながら太く成長していくんだ。

 このように骨の太さを丈夫に厚くしながら成長していくことを「膜性骨化」と呼ぶんだ。

※膜性骨化(まくせいこっか)=骨の表面部分を厚くしながら太く成長していくこと

◆成長期の骨は1年で平均何センチ伸びる?

 骨の成長は個人差もあるけれど平均的には10歳ころまでは1年に約6cm程度ずつ伸びていくと考えられている。

 また10歳〜14歳では1年に6〜8cm程度、12歳〜15歳では1年に8〜10cm程度も平均的なラインとして身長が伸びていくと言われている。

※第2次成長期の12歳〜15歳では平均でも1年に8〜10cm程度も身長が伸びる

 もちろんこれは平均だから、一年間の間にもっとたくさん身長が伸びている子も当然いるはずだよね。

 尚、第2次成長期を過ぎると骨端成長版のプレート部分は徐々に閉じていく。

 そして20歳前後で骨の成長はとまり、ようやく人体の骨組織の完成となるんだよ。