成長痛.com

成長期の子供の膝・踵・足の甲の成長痛の症状の特徴、痛みの原因、治療方法を入門者向きに専門解説。

◆足首・踵・足の甲の成長痛に関する記事一覧

◆かかとの痛みの原因の最有力疾患は踵骨骨端症
 成長期の子供が踵の痛みを訴えるケースの多くでは踵骨骨端症(しょうこつこったんしょう)と呼ばれる踵の骨の障害を発症している可能性が最も大きいんだ。踵骨骨端症(踵骨骨端炎・シーバー病・セーバー病とも呼ばれる)とは、踵骨(かかとの骨)の先端部分に衝撃や圧力が加わる事によって、骨に微小な骨折が起きたり骨膜に炎症を発症したりする障害…続きを見る


◆成長期の子供の踵は大きな弱点となる
 骨は骨端線のある部分から縦方向に伸びるように大きく成長していく。しかし、この骨端線部分の組織はしっかりと骨が結合されるまでの期間は骨よりもやわらかい軟骨組織で出来ている。その為、バスケットボールやバレーボールなどのスポーツ選手が繰り返しジャンプの着地を繰り返したりすることで踵部分に大きな衝撃が加わると柔らかい軟骨組織は衝撃によって痛んだり、先端部分に小さな断裂…続きを見る


◆痛みの再発は繰り返す
 先日、「膝が痛いよう〜」と激しく泣いていた子供が、翌日になるとまるでウソのように元気に遊んでいる。これは本当によくあるケース。もしかして成長痛かな?と思って心配していた親の方なら、このような不思議な状況を一度は体験しているかもしれない。このケースの場合は、その痛みの原因に自律神経との関連…続きを見る


◆安静を保てば痛みと炎症は3日程度で回復
 運動盛りの子供がこの時期に安静にしているのは意外と難しいものでもあるけどね、患部の炎症が治まるまで、我慢するしかないんだ。尚、安静を保っていると痛みが軽減してくる。歩いたりしても踵に痛みを感じなくなるのは、3日程度の期間が必要。但し、この時期に運動を再開すると痛みが再発してしまう可能性がまだ高い。競技への完全な復帰…続きを見る


◆膝とかかとの痛みは特に多い傾向にある
 骨は縦に長く伸びる時は、骨の先端にある骨端軟骨と呼ばれる軟骨組織が成長することによって伸びていく。この時に、この軟骨部分に継続的な疲労やストレスが加わると、骨は十分に成長することができなかったり、時には怪我を発症してしまうことになる。このような成長過程で生じる痛みが骨端症の特徴でさまざまな部位に生じる可能性…続きを見る