成長痛.com

成長期の子供の膝・踵・足の甲の成長痛の症状の特徴、痛みの原因、治療方法を入門者向きに専門解説。

◆肋骨・背中・腰の成長痛に関する記事一覧

◆疲労性・ストレス性の成長痛とは?
 疲労性・ストレス性に分類される成長痛は、慢性的な過度な運動による痛み、そして急激に体の組織が成長する際に人体の各部位が牽引される(引っ張られる)事によって極所的にストレスを生じることによって障害が生じるケースがある。どちらも成長期の子供だからこそ発症してしまう病気で、体や骨の構造上どうしても弱点となってしまう部分に症状を発症する傾向にある点が大きな特徴…続きを見る


◆痛みの持続時間は短くて30分程度
 一般的に広く知られている原因不明の成長痛の場合、痛みの持続時間は短くて30分程度が基本。5分程度で痛みが治まっては、数分後にまた膝が痛み出すようなケースもあり症状の現れ方も個人差があるけれど、多くのケースでは長くても1時間程度で痛みが治まってくるケースが多い。このように、痛みの持続性が低い点が骨の障害との区別を難しくしている観点…続きを見る


◆再発の予防対策と実施すべきこと
 成長期の子供は、治療期間と言えども運動量を抑えることがとても難しいもの。しかし症状が悪化すると歩行も困難になる障害でもある為注意が必要。症状の発症を繰り返す傾向にあるオスグットでは痛みが引き始めた際に、再発の予防に勤めることが非常に重要となる。再発の予防として行えることは大腿部のストレッチングや運動前のアップ、運動後のクーリングダウン…続きを見る


◆成長痛と自律神経の関連性
 先日、「膝が痛いよう〜」と激しく泣いていた子供が、翌日になるとまるでウソのように元気に遊んでいる。これは本当によくあるケース。もしかして成長痛かな?と思って心配していた親の方なら、このような不思議な状況を一度は体験しているかもしれない。このケースの場合は、その痛みの原因に自律神経との関連…続きを見る


◆スポーツをする子供のケース
  なぜスポーツなど運動を活発にする子供の方が発症率が高まってくるのだろうか?この原因は局所的なストレスの継続が主な原因になっているんだよ。子供の場合はまだ骨格が出来上がっていない為、例えば野球選手であれば投球動作の繰り返しで膝や背中などに痛みを訴えるケースもある。バレーボール選手であればスパイクを打つ際の捻り動作で腰や背中、跳び上がる際には膝や足関節に負担がかかる…続きを見る