成長痛.com

成長期の子供の膝・踵・足の甲の成長痛の症状の特徴、痛みの原因、治療方法を入門者向きに専門解説。

◆成長痛.com♪(もくじ)

◆疲労性・ストレス性の成長痛とは?

疲労性・ストレス性の成長痛とはいったいどんな成長痛なんだろう?

 うん、この疲労性・ストレス性に分類される成長痛は、慢性的な過度な運動による痛み、そして急激に体の組織が成長する際に人体の各部位が牽引される(引っ張られる)事によって極所的にストレスを生じることによって障害が生じるケースがある。

 どちらも成長期の子供だからこそ発症してしまう病気で、体や骨の構造上どうしても弱点となってしまう部分に症状を発症する傾向にある点が大きな特徴とも言えるんだ。

◆骨端症と成長痛は同義

 医学的な見解では、このような人体的な成長過程の構造上によって生じる痛みを「成長痛」と呼ぶことが主流。

 一般的な名前として定着している「成長痛」という言葉は正式名称として「骨端症」と言う呼び名が付けられている。

 この骨端症と呼ばれる病気は成長期の子供たちに特に多く発症する病気であること。また成長に関係する骨組織の障害であるという点から、「成長痛」の語源とな っていると考えられているんだよ。

 尚、骨端症はその名のとおり、骨の先端部分に痛みを生じる障害のことで骨端症を生じる部分には骨端線と呼ばれる骨の成長線が確認されるんだ。

◆膝とかかとの痛みは特に多い傾向にある

 骨は縦に長く伸びる時は、骨の先端にある骨端軟骨と呼ばれる軟骨組織が成長することによって伸びていく。

 この時に、この軟骨部分に継続的な疲労やストレスが加わると、骨は十分に成長することができなかったり、時には怪我を発症してしまうことになる。

 このような成長過程で生じる痛みが骨端症の特徴でさまざまな部位に生じる可能性をもっている。

 中でも特に多いのが膝の痛み、そしてかかとの痛みと言われているんだ。

◆成長痛はスポーツを活発にしている子供に多い

 成長痛は成長期の子供であれば誰にでもこの痛みが訪れる可能性は検討できる。

 中でも成長期の子供で毎日のようにスポーツをバリバリ実践している子供の場合は特に疲労や骨の位置部位へのストレスが過剰となることから成長痛を発症しやすい傾向にあると言えるんだ。

 また、第2時成長期を迎えている子供の場合は、男子の場合はこの時期に筋力も大きく向上してくるもの。

 これは「成長ホルモン」の分泌量の変化などの影響を受けることが要因なんだよ。

◆筋力が強くなると成長痛はおきやすくなる?

 成長期の子供は成長ホルモンの分泌量に変化が生じ、男性の場合は、「声変わり」がはじまったり骨格の成長に伴って肩幅が広くなり見た目的にもゴツゴツとした感じに成長してくるもの。

 当然筋肉量が増加すると筋力も大きくなる。しかしこの筋力が強くなることで逆に成長痛の症状を発症しやすくなっている可能性も検討されるんだ。

 筋力が強くなるとどうして成長痛を発症しやすくなるの?

 うん、その原因は筋力が強くなることによって筋肉の末端にある「腱組織」によって骨が引っ張られる力である「牽引力」が強くなり、その牽引力があだとなって腱と骨の付着部や骨の骨端線部分にダメージを与えてしまうことがある為なんだよ。

※筋力が強くなると牽引力が強くなり、骨の付着部や骨端線部分に大きな負担をかけるようになる

 成長期に適度な運動を続けたりトレーニングを行うことは実は骨の成長にとっても大切な事ではあるんだけどね。やはりやり過ぎたり、一部位に疲労が集中したりすると患部に炎症を生じるなどのトラブルを発症するようになるんだよ。