成長痛.com

成長期の子供の膝・踵・足の甲の成長痛の症状の特徴、痛みの原因、治療方法を入門者向きに専門解説。

◆成長痛.com♪(もくじ)

◆成長痛とは?医学的には原因不明

 成長痛という言葉は、比較的広く知られている言葉のひとつ。

 この成長痛は、思春期を迎えた子供が成長する際に痛み症状を伴う病気や疾患の総称として「成長痛」と呼ばれてきたんだ。

 しかし、現在、医学的な見解では明確な成長痛の定義はまだなされていない。

※成長痛とは成長期の子供に発症する痛みを伴う病気の総称であり明確な病気の定義は存在しない

 但し、幼児から中高生の成長期にかけて「特有の症状や特徴をもつ痛み」が見られる傾向にあり、これらの症状を現在では「成長痛」と呼んでいるんだよ。

◆成長痛の症状の特徴について

 成長痛の症状として具体的にどのような症状があるのかについてチェックしてみよう。

 成長痛と呼ばれる症状を発症する一般的な症状の特徴としては主に以下のような特徴がある。

【成長痛の症状の特徴とは?】
☆夕方から朝方にかけて下肢の膝のまわりに痛みを感じる
☆足のかかと部分に痛みを生じる
☆股関節や足の付け根部分に痛みを感じる
☆足の甲部分に痛みを生じる

 このような特徴を見てみると成長痛は主に下半身に痛みを訴えやすい傾向にあることが見てとれるね。

 尚、この中でも子供が最も症状をうったえる部位は「膝」で膝の痛みは2歳・3歳・4歳などの幼児期の子供にも成長痛と見られる膝の痛みを伴う症状がしばしば確認されるんだよ。

◆痛みの持続時間は短くて30分程度

 一般的に広く知られている原因不明の成長痛の場合、痛みの持続時間は短くて30分程度が基本。

 5分程度で痛みが治まっては、数分後にまた膝が痛み出すようなケースもあり症状の現れ方も個人差があるけれど、多くのケースでは長くても1時間程度で痛みが治まってくるケースが多い。

 このように、痛みの持続性が低い点が骨の障害との区別を難しくしている観点のひとつでもある。その為、明確な原因を探れない要因ともなっているんだ。

 しかし、最近の医学的見解では、これら成長痛に関して明確な方向付けを行うことも可能となってきている。

◆2種類の痛みの原因について

 子供の成長痛の原因は大きく分類すると2種類の可能性・要素を検討することができる。

 その2つとは「自律神経性の痛み」「疲労性・ストレス性の痛み」の2種類。

※成長痛の原因は自律神経性のものと、疲労性・ストレス性のものに分類される

 膝の痛みなどの特有の症状を訴えてくるのは2歳児や3歳児など幼児期の場合も多く親にとって、小さな子供が泣き叫ぶのは胸が苦しくなるもの。

 しかし原因を探り、把握してあげることである程度の対処は可能であり過度な心配をする事もなくなるんだ。